レーザー脱毛の方法

レーザー脱毛は専用の機器を使用し、行います。脱毛したい部分にレーザーを当てます。レーザーの当て方は使用する機器によって異なりますが、直接肌に触れて当てるものと、機器の先端からガイドがでるので、実際には肌には触れず当てるものとあります。

範囲は狭いですが、ポンポンとテンポ良く当てていくので時間はさほどかかりません。狭いと言っても家庭用のレーザー脱毛器に比べれば広範囲で当てることができます。

レーザーは黒い色素に反応し、毛の元となる毛乳頭にダメージを与え、行います。脱毛する際には悌毛しておく必要があります。毛根に反応させた方が効果的なため、余分な部分はレーザーに反応させないために処理をしておく必要があります。

より黒い色素を見つけられる場合の方が効果的です。色が白く、毛根が太く濃い方ほど効き目があります。そのため、レーザー脱毛は日焼けしている方や、色素沈着している部位には当てることができません。

肌にも反応してしまうため、脱毛効果も低くなりますし痛みも感じます。脱毛期間中は日焼けしないよう日常生活の中で気をつける必要があります。

レーザーを当ててすぐに毛が抜け落ちるわけではありません。最初は効果を感じる方は少なく、3回目くらいから効果を実感すると思います。

毛は徐々に細くなり、自然と抜け落ちます。施術から2週間後位が目安です。生えてきた毛を引っ張ってみるとスルっと抜けると思います。

試しにやってみる程度なら良いのですが、自分で無理に引っ張るとお肌に負担がかかるのでお薦めできません。わざわざ抜かなくても、普段の生活を過ごしているうちに自然と抜けていきます。

エステなどの光脱毛よりも、医療機関のレーザー脱毛の方が効果的です。医師にしか扱うことのできない強い出力のレーザーを当てることができます。

医療機関ごとに料金も異なるので、実際に足を運びカウンセリングを受け、詳しい料金を聞いて比較してみるのが良いと思います。

やはりレーザー脱毛は料金の高さがネックで全身を脱毛するのには抵抗があります。そんな方には全身脱毛専門サロンのキレイモで脱毛するほうが向いています。