レーザー脱毛するとワキガは軽減する?

脱毛とワキガはまったく別物なので、レーザー脱毛を行ったからと言ってワキガの症状が軽減すると言うことは残念ながらありません。ワキガは通常かく汗とは異なる、アポクリン腺から分泌されるものが原因です。ワキガの治療は、このアポクリン腺をレーザーなどで焼き、臭いを軽減させるか、切開して分泌物を吸入するなどの方法です。

ワキガ治療に使われるレーザーと、脱毛に使用するレーザーは異なります。レーザー脱毛は、黒い色素に反応させ毛の元に熱でダメージを与え生えにくくするものです。毛の根元に働きかけるものであって、アポクリン腺には反応しないので、ワキガ治療とはまったく異なります。

しかし、脱毛し毛が無くなることによってアポクリン腺分泌物が皮膚にたまることがなくなり、臭いが軽減されるということはあり得るかもしれません。しかしそれを誰もが感じるわけではありませんし、感じたとしてもほんの少し程度です。ワキガの症状や感じ方にも個人差があるので一概にはいえません。

ワキガを治したいのであれば、きちんと適切な治療をするしか方法はありません。レーザー脱毛はあくまで毛を無くすためのものなのでワキガ治療に効果はありません。

多くの脱毛サロンに並行して行くことは全然アリです。各脱毛サロンに掛け持ちしてはいけないという決まりはないので、全く気にする必要ありません。むしろ、掛け持ちをした方が安い料金で脱毛できます。脱毛サロンによって料金が変わってくるため、料金の違いを利用して上手く活用してみてください。ただし、掛け持ちすることによって色々な脱毛サロンに行かないといけなくなるので、時間がかかることになります。

脱毛の自己処理で、最も困るのは色素が溜まってしまうことです。永久脱毛の施術を受けたら、残ってしまった色素沈着を緩和させる効果もあるのです。また、IPL脱毛を選択することによって、お肌が再生するサイクルを正すことができるため、黒くなったところが目立たなくなる効果があります。